2011年発表会

第32回マスターコース[11・02・13]

今年の発表会は、北高音楽科を受験する生徒さんの出演は1名と、今までになく少ない人数でしたが、その生徒さんはずっと小学生の低学年から通ってくれている方。
こうして、音楽の道に進むという選択をしてくれたことに感謝するとともに、さらに深く音楽を追求してくれることを望み、私たち講師も気を引き締めて日々のレッスンを進めて行こうと思います。

 

さらに、今回もピアノだけではなく、大学受験で声楽を専攻している方がたには副科ピアノだけでなく、その主科の実技も直前ですので演奏していただきました。

 

 

声楽の披露

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後を務めたのは、もう15年以上もずっと当スタジオに通ってくれている、山大4年生のお姉さん。
見事大学院にも合格しさらに研鑽を積むことになりました。リトルコースの皆さんも、お姉さんを目指して長い時間、じっくりとピアノを続けてくれたら嬉しいな。

Hさん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第32回 リトルコース[11・02・20]

初めての発表会となった生徒さんが多い年となりました。
4歳の男の子は多津子先生と連弾2曲。とっても元気に弾けました。

初めての発表会

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

約3時間半の発表会に休憩を2回ほどとりますが、当スタジオの発表会では年齢に問わず暗譜で2曲としておりますので、どんなに短く小さな曲だとしても、演奏している本人は極度の緊張と集中を必要とします。小さな生徒さんもおとなしくお友達の演奏を聞き、ご父兄の皆様の「演奏会を聴く」という雰囲気作りへのご協力には、毎年感謝しております。

来年度も最高の演奏ができるよう、そして素敵な曲を沢山弾けるようにこの1年間一緒に頑張りましょう!